投稿者「annajagodzinskauser」のアーカイブ

ローン返済できず売却するパターンも

夢のマイホームを購入し、住宅ローンの返済も順調に行い、ローンの返済が完済する日を夢見ている人でも、ふとしたことで住宅ローンの返済ができなくなることがあります。
リストラや企業の倒産、収入の減少など、その要因は様々です。

住宅ローンが支払えなくなったら、いったいマイホームはどうなってしまうのでしょうか。

住宅ローンの借り入れをする場合、土地や住宅を担保にしている場合には、その土地や住宅をローン返済のため金融機関に取られてしまいます。
返済ができなくなってすぐということはありませんが、支払い遅延を繰り返していると最終的にはマイホームそのものを手放さなくてはなりません。

任意整理や自己破産などをすることで、住宅ローンの返済額を減額したりすることもできますが、その場合でも住宅を手放さなくてはなりません。

どうしてもマイホームを守りたい、家だけは手放したくないという場合、支払いが困難になり始めた時に専門家に相談しましょう。
弁護士や司法書士、ファイナンシャルプランナーなど、お金の専門家に相談を、どうすることが一番良いのか解決策を見つけることが大切です。

最近では借金返済のみを取り扱うファイナンシャルプランナーもおり、住宅を守りながらどのように金融機関と向き合うかなどの相談にのってくれます。
弁護士や司法書士などのように、法的な立場ではありませんが、キャリアをもとに対応策などを教えてくれます。

マイホームを持つということは、ほとんどの人にとって夢の必要だと思います。
始めは無理のない計画だったけれど、リストラや倒産など環境の変化は購入時には予測できません。
どのようなことが起きても対応できる金額を借り入れることができればいいのですが、頑張れば返済できると借入額が多くなることも。

将来的な不安を考え、どんな状況でも返せる金額に設定したうえで、無理のないマイホーム購入を考えることが大切です。

住宅ローン借り換えはお得?

住宅ローンは、いったん借りるとそのまま返済を続けなくてはならないと思っている人が多くいます。
もちろん、借りたお金は返さなくてはなりませんが、必ずしも借り入れた金利のまま返し続ける必要はありません。

今借りている金利よりも低い金利のローンがあれば、それに変えて返済をするということもできます。
このことを「住宅ローンの借り換え」といい、上手に借り換えを行うと金利を減らすことができます。

とはいっても、ただ単純に金利だけを見比べて、「金利が下がってるから借り換えをしよう!」というのでは失敗してしまいます。
借り換えの場合、借り換えをするための手数料が一時金で必要になるので、この一時金と借り換え後の支払総額の合計額が、今の返済額より少なくならなければ意味がありません。

今の金利よりも0.3%以上下がっている場合、同額かそれ以下になるといわれています。
借り換えをして返済額を減らしたいと思っていても、それ以外にかかる経費もありますので、その経費を含んだうえでどうなるか確認してから借り換えを行うようにしましょう。

百万単位で変わる売却価格

特に急ぐ理由はなかったのですけれど、2戸のマイホームを所有するよりも、一軒は現金化したかったので売却することにしました。
元々は親の介護のために親の家に住んでいたのですけれど、やがて自分の所有に名義を変更した家でした。
親が他界した後は、賃貸にする事も考えましたけれど、妻が売却を主張したので売ることにしました。

最初は自力で売ることを考えました。
自分で作成した売却ビラを家の周辺に貼りました。
貼った瞬間からとても買い手が見つかる気がしなかったし、素人が長期間、家の周囲に張り紙をすることが恥ずかしい行為をしているような気がして、長期間の張り紙をするつもりはありませんでした。

その次にヤフーのオークションに出品することを考えましたけれど、資料作成に不慣れでこの方法は早々に諦めました。
そして、行き着く所は不動産業業者に売却を依頼することでした。
業者の世話にならずに、自分の力で売却しようと考えたのは業者に手数料を支払うことのマイナスを避けたかったのです。
しかし、実際に行動すると業者に手数料の数十万円を支払ってでも売れるものならば仕方のない出費と考えました。それと、一千万円を超える売値に対する数十万円の手数料は、高い買い手が見つかるならば、当てのない自力売却よりも遥かに賢い売却方法と考えたからです。

結果的に、数社の不動産業者と折衝して一番の高値で売ることを表明してくれた不動産業者により売却が成功しました。その売却額は他の不動産業者が査定した売却額よりも2百万円も高く売れたのでした。

仲介を頼む業者選びの大切さ

家を売る際には専門家である不動産会社の仲介が欠かせません。
個人で売買することも不可能ではありませんが、法的な手続きや知識が必要なためプロに依頼する方が確実です。
そのため、不動産会社と仲介契約して売却をサポートしてもらうのが一般的です。

不動産会社の役割は専門的な手続きだけではなく、売却にまつわるアドバイスなどもあります。
実際に売却利益を得るためのノウハウも教えてもらえますから、様々な場面で手助けとなるでしょう。

逆に不動産会社との連携が上手くいかないと、売却に問題が生じてしまいます。
場合によっては不利益を被ることもありますので、不動産会社との信頼関係は非常に重要です。

もし不動産会社との信頼関係が成り立っていなければ、物件の査定額にも不満を感じてしまいます。
不動産会社が見つけてきた買い手にも不信感を覚えてしまいますので、自分が信頼できる不動産会社かどうか見極めることが大事です。

不動産会社が信頼できるかどうかは、インターネットの口コミや取り引き実績を確認すると良いでしょう。
多くの顧客を抱えているところも信頼できる不動産会社です。

いずれにしても、納得して仲介契約を結ばなければ売買契約は先に進みません。
不動産会社をしっかり選ぶところから、家を売ることを始めましょう。

不動産会社の特徴を知っておく

不動産会社を選ぶ際には、特徴を知っておくことも重要です。
それぞれの特徴によって、物件売却の強みが異なるためです。

まず、広く買い手を探したいのであれば、多数の支社を持つ不動産会社が良いでしょう。
支社のネットワークを活かして、様々な条件の買い手を提案してくれます。

逆に売却条件を絞り込みたいのであれば、地元密着型の不動産会社が向いています。
地域の物件情報や相場に精通しており、買い手との交渉を安心して任せることができます。
近隣住民の評判を参考にできることも、大きなメリットです。

自分の家を少しでも有利な条件で売るためにも、ニーズに合致した不動産会社を選びましょう。